ストール・マフラーの生地素材

生地素材の特徴

お気に入りのストールやマフラーを購入しても、その生地の素材をきちんと理解しておかないと後々のメンテナンスや取扱いに困りますよね。ここでは、一般的による使用されるストール、マフラーの素材をご紹介致します。

ストール、マフラーの製法

ストール、マフラーに使われる生地の製法は大きく3つに別れます。

織物(Textile)

タテ糸とヨコ糸が直角に交わって組み合わされて作られるもので、この組み合わせ方を織物の組織(そしき)といいます。平織、斜文織、朱子織の三原組織を基本として、その組み合わせで柄を表現するジャカード織りがあり、「桐生織」もジャカード織りになります。しっかりとした生地が多く、丈夫で耐久性が良いが、シワや毛玉などの手入れが必要になる場合があります。

編物(Knit)

編み目のつながりによって作られるもので、ヨコメリヤスとタテメリヤスがあります。ヨコメリヤスは横に伸びる性質がありセーターや靴下などに用いられ、タテメリヤスは伸び縮が少なく下着や服地などに使われます。衣類をはじめ、ストールやマフラーなどにも用いられ幅広く利用される生地です。使い勝手がよいがカジュアル感が強いためフォーマルには不向き。

レース(lace)

「織物の貴族」と呼ばれ昔は手製で貴重品でした。糸を複雑に絡ませて刺繍のような柄を表現するが、様々な技法によって施されます。ストールやマフラーではトーションレースによる手法で作られたものが一般的になります。ストールやマフラーでは豪華でフェミニンな印象が強く、防寒対策などの機能性よりも装飾性が強いため、フォーマルとしても利用されております。

ストール、マフラーの素材

ストールやマフラーの生地に使用される糸の素材には様々なものが使用されます。一つの素材の糸で作るものから、生地にする際に複合的に組み合わせてみたり、糸の段階で別の素材どうしを撚り合わせたり、糸使いによって様々な表情や機能性が変わってまいります。よく利用されるストールやマフラーの素材をご紹介いたします。

※糸使いによって表情は変わるため、写真はあくまでもイメージです。

絹(シルク)

古来より使われている天然繊維の王様。美しい光沢、優しい風合い、軽くて丈夫な機能性、高級素材として今なお確固たる人気があります。お蚕が吐き出す絹糸は、セリシンという人の肌の成分に近い動物性タンパク質でコーティングされており、お肌に優しい繊維といえます。
【メリット】軽くて肌に優しい風合い。吸湿、速乾性、保温性に優れ、紫外線をカットする効果もある。
【デメリット】虫食い。日光に晒されると変色してしまう。摩擦に弱い。
【お洗濯】基本的にはドライクリーニング。家庭でおしゃれ着用洗剤を使用して手洗いで洗える生地も増えている。

羊毛(ウール)

羊の毛を紡いで作られる動物性繊維。やわらかい上質な肌ざわりが特徴で、保温性、吸湿速乾性、吸湿性、弾力性があり、機能的でありながら、心地よい風合いと高級感のあるしっとりとした質感が人気の素材です。静電気も起きにくく、冬コーデには抑えておきたいアイテムです。
【メリット】弾力性があり、シワになりにくい。冬は暖かく夏は涼しく感じる。撥水性が高いため汚れにくい。
【デメリット】毛玉になりやすい。虫食い。水洗いするとフェルト状になってしまう。
【お洗濯】基本的にはドライクリーニング。家庭でおしゃれ着用洗剤を使用して手洗いで洗える生地も増えている。

アクリル

アクリルはウールに似せて人工的に作られた化学繊維。そのためウールの持つ弾力性や暖かさ、シワになりにくいなどの特徴を引き継いております。石油から精製されるためウールより廉価で、秋冬のストール、マフラーには数多く使用されております。
【メリット】保温性があり、弾力性も強く、シワになりにくい。日光に強い。虫食いがない。
【デメリット】毛玉になりやすい。静電気がおこりやすい。汗をかくとベタつきやすい。
【お洗濯】基本的にはドライクリーニングがオススメだが、洗濯表示で水洗いが出来る場合は、洗濯ネットに入れて洗うのがよい。おしゃれ着用洗剤を使用して、脱水は短めにする。

ポリエステル

絹のような風合いを感じさせる化学繊維。丈夫でシワになりにくく扱いやすい素材であり、石油と樹脂を合成して精製されるため廉価で幅広い用途に用いられている。薄いシフォン生地からシャーリングのファー素材まで、様々な製法で作られた生地がストール、マフラーに使用されております。
【メリット】耐久性がよい。シワになりにくく、吸湿速乾性が高い。日光に強い。虫食いがない。
【デメリット】毛玉になりやすい。静電気がおこりやすい。汗をかくとベタつきやすい。
【お洗濯】家庭で洗えるものが多いが、生地によっては適さない場合もあるため、洗濯表示を確認する。

レーヨン

絹に似せた人工の繊維で、木材パルプが原料となっている再生繊維。絹のようななめらかな肌触りと光沢感やドレープ性が美しい素材です。高級な上着の裏地として使われたり、婦人用肌着などにも使われています。滑らかな肌触りや適度なハリや腰が心地よく、ストールとしても人気の素材です。
【メリット】美しい光沢、しなやかな手触りがよい。吸水性が高く、静電気が起きにくい。
【デメリット】シワになりやすい。水に弱く、水に濡れると縮んだり、シミになって取れなくなることがある。
【お洗濯】家庭で洗うのは難しく、ドライクリーニングがオススメ。

綿(コットン)

インド、中国、アメリカで生産される植物繊維で、肌触りがよく、吸水性が高いため、色々な用途の素材として生活の身近なところで使用されております。清涼感ある風合いなため、ストール、マフラーでは夏の時期のアイテムとして利用されることが多いです。
【メリット】吸水性、肌触り、通気性がよい。熱に強い。
【デメリット】縮みやすい。シワになりやすい。毛羽立ちやすい。
【お洗濯】家庭で洗えるものが多いが、生地によって扱いが異なるため洗濯表示を確認する。

麻(リネン)

麻は古代より用いられている植物繊維。少しざらざらした肌触り(シャリ感)が爽やかで、汗をかいても肌に張り付かず通気性、吸湿性に優れております。ストール、マフラーでは夏のアイテムとして利用されることが多く、麻100%の他、綿やシルクと一緒に用いることで様々な風合いを楽しむことができます。
【メリット】通気性がよく、爽やかな肌触り、吸湿速乾性に優れている。耐久性がよい。
【デメリット】弾力性に乏しく、シワになりやすい。毛羽立ちやすい。カビに弱い。
【お洗濯】洗濯表示で水洗いが出来る場合は、水、ぬるま湯で洗い、脱水はしない。

PAGE TOP