先染めの糸が織りなす芸術

mon・eの原点は、伝統的工芸品である「桐生織」
1300年間にわたり脈々と伝わる伝統技術、この歴史と技を次に繋げていく、、、
mon・eの使命です。

1300年の歴史を誇る「桐生織」

〜絹の国・群馬県〜その東部に位置する桐生市は、かつて「西の西陣、東の桐生」と言われた織物の町で「桐生織」は1300年の歴史を誇ります。
その歴史は、和銅7年(714年)に「あしぎぬ」と言われる絹織物を朝廷に納付した記述から始まり、戦国時代には徳川家康が「桐生織」を軍旗として掲げて関ヶ原の戦いに勝利し、その後の江戸幕府のもとでは縁起の良い織物として栄えました。
明治の頃にはジャカード機など当時の最先端技術をいち早く導入し、近代的な生産体制を確立することによって、世界でも指折りの織物産地に成長しました。

独特の素材感と高級感

「桐生織」は、糸を先に染めて織って柄を出す先染め紋織りの技法で、素材感や独特の風合いが特徴的な高級感あふれる織物です。ジャカード織りとも言われ、デザインの配色にあった色糸を使い織って柄を表現するため、プリントでは表現できない3次元的な素材感と独特の風合い、端々しい光沢、上品な柄表現が特長です。とくに絹(シルク)との相性はよく、古くから和装では最高位の帯や着物として、確固たる地位を築いております。

PAGE TOP